フジファブリックの山内総一郎と平岩紙が元日婚。馴れ初めとプロフィール

スポンサーリンク

ロックバンド・フジファブリックのボーカル&ギター山内総一郎(38)と女優の平岩紙(40)が1日、それぞれ公式サイトやSNSを通じ、同日に結婚したことを発表しました。

昨年、FUJIWARAのフジモンと木下優樹菜さんが離婚を発表し、年末悲しいニュースがありましたが、年明け始め、嬉しいニュースが入ってきました。

そんなフジファブリックの山内総一郎さんと女優、平岩紙さんの馴れ初めとプロフィールを書いていきます。



フジファブリックの山内総一郎と平岩紙が元日婚。プロフィール

山内総一郎

山内 総一郎(やまうち そういちろう)

誕生日:1981年10月25日(38歳)*2020年現在

出身: 大阪府茨木市

現在のメインコンポーザーで、第6期(フジファブリック はメンバーの入れ替えが多い)になってからは最も多くの楽曲の作詞・曲を担当。

  • 機材を購入したために電気とガスと水道を止められた事がある。
  • 志村さんの遺した曲を第6期メンバーがまとめたアルバム『MUSIC』で初めてボーカルを担当して以降、第6期はメインボーカルを務めているそうです。
  • 小学5年~高校入学直前までサッカーに打ち込んでいて、中学時代には選抜生としてアメリカへの短期留学も経験。
  • 高校入学直前からギターを始め、同時期に組んでいたバンド「行待」ではTeens’ Music Festivalや心斎橋QUATTROのステージに立つ等の実績を持つ。
  • フジファブリック加入前はスタジオミュージシャンとして活動していたそうです。ライブのサポートメンバーとして活動していた湯川トーベンさんに誘われて、彼の娘の湯川潮音さんのライブに参加したのと同時期に、フジファブリックの現マネジャーからもライブに誘われて、加入することになったそうでう。
  • ギター以外にもベース、ピアノ、ドラム、マリンバ、バンジョー、チェロ、グロッケン等の楽器を所有していて、レコーディングなどで使用しているそうでう。本人は「多くの弦楽器の経験はすべてギターに還元される、ヒントになるというか」と発言しているそうでうす。
  • 2016年、Fender Musicとエンドースメントを締結。また、山内さんの愛器である赤いストラトキャスターをモデルとしたシグネチャーモデルも販売されました。

スタジオミュージシャンをやっていたのでかなりの演奏の腕前があるんですね!




平岩紙

平岩 紙(ひらいわ かみ)

誕生日:1979年11月3日 (年齢 40歳)*2020年現在

出身:大阪府 吹田市

身長:161㎝

血液型:A型

事務所:大人計画

  • 特技はホルン。
  • 肌の色が紙のように白いため、松尾スズキさんが「紙」と名付けたそうです。
  • 2000年に行われた大人計画の新人オーディションに合格し、同年に上演されたミュージカル『キレイ 神様と待ち合わせした女』で女優デビューしました。
  • 『仮面ライダーアギト』『ロッカーのハナコさん』や『木更津キャッツアイ』での演技で注目を集めるようになりました。宮藤官九郎作品の常連でもあります。
  • 2006年には紙オケ(吹奏楽団)を結成して、披露しました(ホルンを担当)。
  • 2011年4月より放送されたアニメ『元気!!江古田ちゃん』で、主人公の江古田ちゃん役に抜擢され声優に初挑戦しました。




フジファブリックの山内総一郎と平岩紙が元日婚。馴れ初め

Twitterで結婚の報告をしています。

松尾スズキさんが作・演出を手掛けられた番組【恋は、アナタのおそば】が出会いになったみたいです。

*【恋は、アナタのおそば】とは

松尾スズキさんが作・演出を手掛ける一幕物のコントショーで、NHKの近くにあるという設定の蕎麦屋・犬ぞり庵を舞台に、OLのサチコや蕎麦屋の店員、店にやってきた客、大物芸能人らが繰り広げる物語が描かれるドラマのようです。

 

新年早々、良いニュースが発表されて良かったです!



スポンサーリンク