【大橋裕之】「ゾッキA」「ゾッキB」が、実写映画化!経歴(プロフィール)を調査。

スポンサーリンク

どうも!yasmaeです。

2020年2月に、ピエール瀧さんが俳優業を再開すると話題になりました。

復帰作が「ゾッキ」とゆう作品だそうです。その作品の原作者が 大橋裕之さんです。

今回は、【大橋裕之】「ゾッキA」「ゾッキB」が、実写映画化!経歴(プロフィール)を調査。と題しまして調査していきます。



【大橋裕之】「ゾッキA」「ゾッキB」が、実写映画化!経歴(プロフィール)を調査。

名前:大橋 裕之(おおはし ひろゆき)

生年月日:1980年1月28日

出身:愛知県蒲郡市

職業:漫画家・俳優

経歴

  • 昔は『SCHOP』(名古屋)、『スニフティ、『SPOTTED701』などミニコミやフリーマガジンで執筆活動をしてきたそうです。
  • 現在は、『週刊ビッグコミックスピリッツ』の巻末コーナーに4コマ漫画の不定期掲載や、CDジャーナル、『真夜中』などの商業ベースの雑誌やソニー・デジタル『全力書店』にも1ページ漫画や4コマ、連載マンガなどを掲載。
  • 画風は下書きのような作風ですが、原稿には1ページにつき10分以上はかけているそうです。
  • 2016年に映画『あなたを待っています』で俳優活動を始めます。映画初出演で初主演を果たしたそうです。
  • 同年、豊橋市美術博物館で開催された

「豊橋『描く!』マンガ家まつり~東三河のマンガ家によるトークとマンガ教室~」

出演し、トークショーや漫画体験イベントを行います。

  • 漫画家や俳優業に加え、紙芝居などのパフォーマンスや映画撮影も行っているそうです。
  • ヤンキーの高校出身で、一時期プロボクサーを目指していたそうです。

タモリ倶楽部に投稿作品が採用された!

1999年4月16日放送の『タモリ倶楽部』の「空耳アワー」で投稿作品が採用されたことがあるそうです。*ステッペンウルフの『The Pusher』で「汗が出ん!」と聞こえるネタだそうです。

なんと18年後の2017年5月5日放送の『タモリ倶楽部』に出演され、その時にもらった手ぬぐいを持参したそうです。

ご本人がツイッターで報告しています。



大橋裕之さんに対してネットでは?

https://twitter.com/modulo_O/status/1224150043868811264

今回、撮影中の「ゾッキ」でピエール瀧さんが出演されるとゆうことで、別の意味で話題になるのでは?などいろんな意見がありますね!

まとめ

今回は、【大橋裕之】「ゾッキA」「ゾッキB」が、実写映画化!経歴(プロフィール)を調査。と題しまして調査してきました。

大橋裕之さんもツイッターをされています。

Tweets



スポンサーリンク