【ネタバレ注意】連ちゃんパパのあらすじやキャラ紹介。クズすぎると話題

スポンサーリンク

どうも!yasmaeです。

皆さん。『連チャンパパ』って漫画知ってますか?なんかここ最近話題になっているマンガみたいなんです。

今回は、『連ちゃんパパ』のキャラクターとあらずじを紹介していきますね!

連チャンパパとは

ありま猛さんによる作品で、1990年ごろから「パチプロ7」で連載されていました。話は完結しており、全43話までです。

キャラクター紹介

ここでは連チャンパパに登場する主なキャラクターを紹介していきます。

日之本進

本作品の主人公です。34歳の元高校教師で、妻の雅子を探すために当面の資金をパチンコで稼いで以降、のめり込むようになります。

教師時代は暴走族に入っていた生徒と更生されるなど熱血教師でありましたが、退職後は教子を平気で裏切り、小学生たちを巻き込む悪質な取り立てをする債権回収の仕事を行う卑怯な人物に成り下がってしまいます。

雅子

進の妻で、平凡な外見ですが異性に好かれ、不倫が絶えないく何度か他の男と失踪して子供まで出産してしまいます。

浩司

進と雅子の息子。小学生なのにパチンコについて詳しく、進をパチンコ依存症にさせてしまうきっかけを作ってしまいます。

あらずじ

ここから先は、連チャンパパの内容を詳しく書いていますので、書籍などで楽しみたい方はご遠慮ください。

 

ある日、進の妻の雅子はパチンコで300万の借金を作り姿を消します。借金取りの男にそこのとを知らされた進と浩司は、雅子を探すために鎌倉に向かいます。

その途中で有り金をとられ、一文無しになります。金は無くなったのですが、浩司の勧めで初めてパチンコに手を出します。2人は京都で雅子を発見しますが、再び男と失踪します。

冒頭からすごい展開ですね!進とパチンコの出会いはこれがきっかけで、どんどんパチンコにのめり込んでいきます。

 

再び雅子を探すために、高校教師を退職した進は職にはつかずパチンコにのめり込んでいきます。軍資金がなくなれば借金取りの元で取り立てのバイトを始め、不良債務者から悪質な方法で借金を回収していき、取り立てとしての才能?が目覚め始めます。

しかし、いき過ぎた取り立てのせいで自殺未遂者を出してしまい反省した進は田舎へ。そこで、金銭トラブルを起こし、再び借金取りの元へ戻りその道へ。

羽ぶりの良くなった雅子が突如現れ、300万で息子・浩司を引き取ることを提案。大金に目の眩んだ進は売り渡してしまいます。しかし、雅子の男がネズミ講をしている詐欺師で、その責任を全て雅子に押し付けて逃げたことがわかると、なんと浩司を置き去りにして行方をくらまします。

 

息子を連れ戻しにきた時はやっぱりお母さんなんだな。と思ったのですがめちゃくちゃひどい母親ですね!まぁ男と駆け落ちした時点ですでにおかしいですけど。

そのことは知らない進は、浩司の担任の美保絵里を妊娠させてしまったのです。

 

いきなりすぎる!!詳しくは12〜13話に載ってます。

進は財閥一族である美穂の実家で暮らすことになりますが、想像妊娠だったことが判明し進は一族を追放されます。

すごい内容・展開ですね。続きます。

追い出された進はまた借金取りの元へ。定職につくとこなくパチンコ生活を送っていきます。

そんなことに愛想を尽かしたのか借金取りからも追い出されてしまいます。なぜか浩司のにより雅子と再開。

雅子には別の男の間にできた双子を妊娠しており、離婚を切り出す進でしたが出産間近だったため断念。

 

雅子の働いていた弁当屋で働き始めた進でしたが、弁当屋の土地の地上げを目論んでいた借金取りと結託し、地上げを成功。代金を手にします。

もうこの辺りからクズ度が増してきてますね。

その大金で本格的に取り立ての代行を始めた進だったのですが、取り立ての失敗などがかさみ大金を失います。

 

ばちが当たったのですね!

 

職を失いながらもパチンコをやめない進はとうとう借金取りからお金を借りてしまいます。借金はどんどん膨らみ返済しない進に嫌気がさした雅子は保険金○人を企てます。

フィリピンで犯行を行うつもりで進を連れ出しますが、進はマニラのカジノで大金を稼ぎ、借金を返済。無事に帰国します。

 

返済し、更生したかと思いきやパチンコを止めることはできずに愛想を尽かした雅子は既婚を迫ります。

驚く進は医師の指導のもとパチンコ依存症の治療を試みますが成功はできずに離婚が成立。息子・浩司と子供らとともに出ていかれます。

そのとことに見かねた借金取りは、学習塾の仕事を進めます。順調に経営をしていき、和菓子店の美和子と縁談がまとまり新しい人生へ向かい始めていきます。

ようやく真っ当な道へ進むんですね!

そのこと雅子は新しい彼氏奥野と暮らしていました。自身もパチンコ依存症のある雅子は借金取りから借金をし、浩司・双子を残して失踪します。

残された浩司は進の元へ。跡取りにしたいと美和子の両親の希望があり、経営したいた学習塾をたたみ、実家の和菓子店で働き始めます。

 

しかし、美和子の妊娠が発覚すると両親は進のいない間に浩司を養護施設に預けてしまいますが、借金取りがうまく取り繕い元には戻ったのですが、進が作った商品から食中毒が出てしまい、美和子の両親が怒り心頭。家から追い出されます。

 

行くあても無くなった2人は雅子のいる鹿児島へ。東京に戻り再婚し働き始めますが、パチンコ依存症が再発してしまいます。

借金取りに頼みパチンコ店のない田舎へ移住します。清々しい生活を送るのですが、近所でパチンコ店の建設が始まるところで終わりです。

進・雅子夫婦は結局パチンコから逃げられない運命なのでしょうか?

連チャンパパについてネットの評価は?